製薬会社の方へ

当協会は、全国の提携病院・クリニック・健診センター等からのインフォームドコンセントを得た方のデータ約18,000人分。その対象者の健診データは、約10万人分保有しています。その健診データも日々増え続けています。
この豊富な健診データを将来的な新薬等の開発に力を注いでいる製薬・食品・化粧品会社様向けに治験活動を通じて健診データの提供を行っています。

健診データ情報の流れ

健診データ情報の流れ

当協会活用のメリット

  1. 全国の提携病院、クリニック、健診センター等から集められたインフォームドコンセントを得た方のデータ約18,000人分の、治験対象者データを効率的かつ迅速に抽出でき、治験活動に活かすことができます。
  2. 治験依頼者名は公開せず、治験に関する情報についても必要最小限の情報の公開により効率的に提携医療機関から選定できます。
  3. 医療機関選定調査項目に、例えば、EDCの採用や出来高払いの受け入れ可否などの要件を盛り込むことで治験依頼者が求める医療機関を的確に選定することができます。

ページの先頭へ