活動内容

現在、日本は高齢少子化時代を迎え、医療費・介護費用の増加に伴う各種保険制度の崩壊危機、生活者の皆さんが老後に対する不安は増える一方だと存じます。また経済状況や生活環境の悪化によるストレスなど様々な問題を抱えています。 このような生活環境の中で何が一番「生活者」や現代社会に大切なのかといえば「健康」につきると思います。
最近では、社会環境の流れで健康増進法が施行されました。ただ法で施行されたとはいえ直接生活者や企業に役立てる事柄は見えないのが現状です。
そこで本協会は生活者を主体にモニター調査を主に推進し、生活者の皆さんと、医療、企業、行政に伝達し健康増進に役立つ活動と生活者の皆さんの「生の声」を広げて参りたいと存じます。

未病リサーチスクエア協会の活動

Total Mibyou Information Network

製薬会社の方へ 医療機関の方へ
<条件に合った治験モニターを紹介>
当協会では、約10万人にも及ぶ健診データを保有しています。健診データは、インフォームドコンセントを行い、同意を得た方を登録した健診データを保有しています。製薬会社様の治験条件に合った治験モニターを紹介いたします。
» 詳細はこちら
<治験実施の提携病院・クリニックを募集中>
インフォームドコンセントを行い、同意を得た方を登録した健診データを保有していますので、この有効な健診データを基に治験被験者を紹介いたしますので、治験実施にご協力いただける医療機関を募集しています。
» 詳細はこちら
食品・化粧品会社の方へ 治験モニター希望の方へ
<健康食品・化粧品治験モニターをご紹介>
当協会では製薬会社向けの治験モニター紹介で得たノウハウを通じ信頼性のある健康食品や特定保健食品、化粧品会社様向けに治験モニターもご紹介しています。
» 詳細はこちら
<治験モニターご協力者を募集中>
一般の方向けに、治験モニターにご協力頂ける方を募集しています。みんなが健康で豊かに暮らせる社会を実現するために・・・モニターの皆様のご協力が必要です。
» 詳細はこちら

> ご契約の流れはこちら

未病メディアプロジェクト活動

Mibyou&Marketing 未病マーケットの推進 

未病と言う考えの中で、生活者だけではなく企業や医療機関が未病システムを取り入れ新しいイノベーションとしてマーケットを構築する中心ファクターとして協会は、さまざまなコラボレーションをしてまいりのます。

Information Gathering・Sending 治験の情報を収集・発信をいたします。

治験モニターの情報を収集、発信活動を通じ、生活者(一般の方)の健康促進を目指してまいります。

Mibyou Medical Treatment Network 未病医療のネットワークを推進いたします。

未病システムを取り入れた先進医療のネットワークを医療機関や医療従事者の協力によって作り、未病状態の生活者をケアしていけるシステムを推進いたします。

Personhel training 未病システムの人材育成に協力いたします。

日本未病システム学会活動方針に賛同し、医療従事者・企業などの方々へ「未病システム」の知識を学んで頂き21世紀の先進医療への多大な活用ができるものと思われます。この他、未病認定制度の推進にも協力してまいります。

ページの先頭へ